オンラインセミナー

多くの企業で運用管理者の人手が不足している状況で、運用管理は複雑さを増すばかりではないでしょうか?

本セミナーは、障害の原因解析とシステム利用者の体感品質の確認を自動化することで、『人手不足の解消』と『システム利用率の向上』を実現した事例をご紹介します。

≪今回ご紹介する事例≫

  • 原因不明のシステムスローダウンの解決に情報システム部門のリソースがとられ、その他の業務に支障をきたしていた企業が、障害原因特定までの流れを自動化した例
  • 遅延が原因で社内の基幹システムの利用率が低下していた企業がユーザ体感品質を測定することで、利用率を向上した例

≪こんな方にオススメです≫

  • 運用担当者の人手が不足しており、障害対応に時間を使いたくない
  • クラウドやVDIの導入を検討しており、運用監視や障害対応に不安がある
  • ビジネスに直結する重要なシステムの利用者の数が減っている
  • クレームは少ないが、システムの利用率が低下している

皆様のお役に立つように、先進企業が抱えていた課題の背景や具体的な対策を中心にお伝えします。

25分間の短いセミナーですので、お気軽にご参加いただければと思います。

開催日 2015年8月25日(火)、27日(木)
時間 14:00~14:25 または 16:30~16:55
会場 オンラインセミナー(WebEx)
対象 システムの運用責任者様、サーバ・アプリケーション運用ご担当者様
主催者 株式会社テリロジー
定員 20名
費用 無料
最新記事