オンラインセミナー

特に開催要項に記載がない限り、弊社のオンラインセミナーは、Cisco WebEx Meeting Centerで行います。

視聴に必要な環境は、下記のOSおよびブラウザの対応の一覧からご確認下さい。

 windowsMac OS X*Linux
OS XP SP3、2003 Server、
Vista 32-bit/64-bit、
Windows 7 32-bit/64-bit、
Windows 8 32-bit/64-bit、
Windows 8.1 32-bit/64-bit
10.6、10.7、10.8、10.9 Ubuntu 10x and 11x(Gnome)、
Red Hat 5, 6、
Open SuSE 11.4、
Fedora 15, 16(すべての32-bit)
システムの最小要件
プロセッサ Intel Core2 Duo CPU 2.XX GHz または AMDプロセッサ(メモリ2GB 推奨) Intel プロセッサ(メモリ512MB以上を推奨) Intel または AMD x8
JavaScript JavaScript(クッキーが有効) JavaScript(クッキーが有効) JavaScript(クッキーが有効)
その他 Active Xが有効(IEでブロック解除されていることを推奨)Sun Java 6以降   Java 6、
libstdc++ 6.0、
GNOME/KDE
対応のシステム
ブラウザ
Internet Explorer 6, 7, 8(32-bit/64-bit)、
9(32-bit/64-bit)、
10(32-bit/64-bit)、
11(32-bit/64-bit)
   
Mozilla      
Firefox** 最新版 最新版 最新版
Safari   5, 6, 7(10.9 のみ)  
Chrome** 最新版 最新版  

*Macからミーティングに参加

  • Mac OS X 10.7以降AppleはMacオペレーティングシステムでのJavaの提供を停止しました。これまでWebExは、Javaがインストールされておらずミーティングへの参加で問題を抱えている、初めてのユーザー用のミーティングアプリケーションの自動ダウンロードをJavaブラウザプラグインに依存していました。Javaへの依存を排除しました。代わりに、ユーザーには小さなプラグインのインストールが求められます。これにより、ミーティングアプリケーションの残りのインストールが自動処理され、ミーティングが開始できます。
  • Safari 6.XおよびSafari 7上ではじめてEvent Centerを使ってイベントを開始または参加する際にエラーが発生します。WebExのインストール後、イベントに参加または開始するサイトからのプラグインを信用するよう Safariが要求します。その後でページが更新されますが、まだイベントには参加できません。参加するには、選択した元のリンクを戻ることで無事参加できます。

**ChromeでWebExを使用する

  • ChromeはNPAPIサポートを終了するため、Chrome 38以降のWebExの開始では、Chrome拡張機能を使った新しい参加方法が提供されました。Chrome上ではじめてWebExを使う際に、ユーザーは一回限りの操作による拡張機能の追加とWebExアプリケーションの更新のための手順が示されます。2回目からはこの操作なしで参加できます。

WindowsをはじめさまざまなOS、端末に対応しておりますが、全ての動作を保障するものではございません。必ず、事前にお客様自身による動作確認をお願いいたします。

最新記事