QoEサービス

QoEサービス

たったの3ステップでユーザー体感品質を確認

CloudTriage QoEサービスで、パフォーマンス劣化のアラートを受け取り、
ユーザー体感品質を確認するまでの3ステップをご紹介します。

STEP 1:アラートメール受信

しきい値を超えるパフォーマンス劣化を検知すると、CloudTriageモニタリングマネジャーが管理者にメールで通知します。
通知メールには、スローダウンが発生したクライアントの名前や、操作名、発生日時などが記載されています。

モニタリングマネージャのリンクをクリック!

STEP 2:ユーザー体感品質が劣化しているユーザーの操作を確認

モニタリングマネージャにログインするとすぐにアラート一覧が表示されます。
ここでは、どのエミュレーションクライアントの何の操作で遅延が発生しているかを確認します。

メッセージをクリック!

STEP 3:ユーザー体感品質の推移を確認

アラート一覧に表示されていたクライアントの特定操作のユーザー体感品質がレスポンスタイムとして表示されます。
「いつ、どの端末の、何の操作で、レスポンスタイムは何秒であったのか」というユーザーが感じているパフォーマンスを確認します。

また、すべての操作を積み上げグラフとして表示することで、ユーザーが「遅い」と感じている操作と問題のない操作を比較できます。

たったの3ステップでユーザー体感品質を把握

  1. 体感品質の推移を確認することでパフォーマンス改善の効果を測定
  2. ユーザー体感品質の劣化をリアルタイムに通知
  3. 発生日時、場所、操作、レスポンスタイムが明確に

※RCAサービスと併せてご利用いただくことで、パフォーマンスボトルネックの特定と改善ポイントを明確します。

『ITパフォーマンスをもっと“サクサク”に』

アプリケーション・パフォーマンスの改善を支援する
2つのクラウドサービス

ユーザー視点の体感品質を知り、パフォーマンス・ボトルネックを自動特定することで
アプリケーションパフォーマンスの改善を支援するクラウドサービス

QoEサービス
『あなたのシステムの"サクサク感"をチェック』
システム視点ではなく、ユーザー視点で体感品質を測定
どんなアプリケーションでも体感品質を確認でき、システム利用者が体感している品質をフィードバックするためのクラウドサービス
RCAサービス
『あなたのシステムをもっと"サクサク"に』
パフォーマンスのボトルネックを特定し、改善ポイントを提示
アプリケーションだけでなく、仮想基盤・データベース・ネットワークなどのインフラも含めたボトルネックを特定し、End to Endのパフォーマンス改善を実現するためのクラウドサービス
月額費用のみ
月額費用のみで利用できる

高額な初期費用、固定資産の計上、減価償却が不要。サービスとして利用できます。

3カ月
3か月から利用できる

短期間のご利用も可能です。契約期間は3ヶ月、1年から選択できます。

ユニーク
ユニークなクラウドサービス

システム利用者のユーザー体感品質を測定するユニークなクラウドサービスです

オンライン・デモの予約
CloudTriageの実際の画面でユーザ体感品質を
確認する様子をご覧ください。
お気軽にお申込みください。
価格
高額な機器やソフトウェアを
購入することなく、月額費用のみで
利用できます。
  • 高額な初期費用が不要
  • 月額費用のみ
  • 3か月または1年契約
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。

03-3237-3291
平日 9:00-17:30