QoEサービス

QoEサービス

あなたのシステムの“サクサク感”をチェック

システム視点ではなくユーザー視点の体感品質で確認

ユーザーが感じているパフォーマンスを把握する
これがパフォーマンス改善のスタートです。

改善の効果を
ユーザー体感品質で測定

コード修正などの効果をユーザー体感品質で測定することにより、利用者への影響を瞬時に確認できます。パフォーマンス改善の効果測定は“ユーザー視点”で確認する必要があります。

ユーザー体感品質の劣化を
リアルタイムに

ユーザー体感品質が劣化した際はメールで通知されるため、利用者から苦情を受ける前にプロアクティブな対応が可能となります。

ユーザー体感品質は
部門の壁を超える

ユーザー体感品質は、システム視点のデータとは違い、“利用者が感じているパフォーマンス”であるため、部門の壁を超えて共有しやすく、関係者がパフォーマンス改善の必要性を合意する上で重要なデータとなります。

パフォーマンス改善はユーザーのため。
効果測定はユーザー視点で確認。

パフォーマンス改善に取り組んでいるが、利用者が効果を実感しているか分からない、という課題はありませんか?

アプリケーションやシステムのパフォーマンスを改善する目的は、利用者に快適にご利用いただくこと。

利用者が感じているパフォーマンスを把握することがシステムやアプリケーションのパフォーマンス改善の第一歩です。

パフォーマンス改善の効果を測定するための2つの特徴

CloudTriageのQoEサービスは、システム利用者の操作を自動実行することで、ユーザ体感品質を測定し、システム・スローダウンの予兆を検知・通知します。

システム視点ではなく、“ユーザ視点”の体感品質を数値やグラフとしてご提供することで、システム利用者の満足度の向上・利用率の向上の実現をサポートします。

チューニング前後のユーザー体感品質を比較する

CloudTriageのQoEサービスは、体感品質を測定する専用パソコンで、利用者の操作をエミュレーションし、体感品質をレスポンスタイムとして測定します。レスポンスタイムは、ユーザー操作ごとに記録されます。

このレスポンスタイムを作業の前後で比較することで、パフォーマンス改善の効果を確認できます。

チューニングやコード修正などの効果を簡単に測定できます。

ECサイトのシナリオの例。ページを表示、ページにログイン、カタログを見て、商品をカートに入れ、チェックアウトという一連の流れに名前をつけ、各操作のレスポンスタイムを測定します。

ユーザー操作ごとに効果を測定する

QoEサービスは、エミュレーション端末が実行する操作ごとにレスポンスタイムを測定します。チューニング前後のレスポンスタイムを比較することで、ユーザー操作ごとに体感品質の変化を確認できます。

右図は、オンラインショップの例となります。

Home ブラウザをクリックし、ホームページが表示されまるまでの時間
Login ログインをクリックし、ログイン画面が表示されるまでの時間
Browse_Catalog 商品をクリックし、商品画面が表示されるまでの時間
Add_to_Cart 商品をカートに入れ、処理完了するまでの時間
Update_Cart 確認ボタンをクリックし、カートの情報を再確認するまでの時間
Checkout 支払ボタンをクリックし、処理が完了するまでの時間

QoE(Quality of Experience)サービス
あなたのシステムの“サクサク感”をチェック
システム視点ではなく、ユーザー視点で体感品質を測定する
クラウドサービス

どんなアプリケーションでも体感品質を確認でき、
システム利用者が体感している品質をフィードバックするためのクラウドサービス

3つのステップ
トライアル版をダウンロードする
部門を超えて共有しやすい “ユーザー体感品質”

ユーザー視点のパフォーマンスデータは、”ユーザーが感じているパフォーマンス”を数値化したものであるため、部門を越えて共有しやすく、関係者がパフォーマンス改善の必要性を合意するうえで最適なデータです。

  • “お客様”の体感品質であるため、様々な部門と共有しやすい
  • お客様の体感品質はパフォーマンス改善の必要性を認識する第一歩

QoEサービスの特徴

シナリオを定期実行して体感品質を測定

ユーザー体感品質を測定する専用パソコンで、クリックするポイントを登録し、その結果表示される“画像”を登録するだけ。

特定のポイントをクリックしてから登録された画像が表示されるまでのレスポンスタイムを測定します。また、ユーザ名やパスワードも登録可能で、様々なシステムでユーザ体感品質を簡単に、自動的に測定できます。

レスポンスタイムを計測
アプリイメージ

どんなアプリケーションでも体感品質測定

ウェブサービス以外のユーザ体感品質の測定もお任せ下さい。QoEサービスでは、画像認識の技術を用いて、どんなアプリケーションでも体感品質が測定できます。

オフィス製品、SaaS、自社開発のアプリケーションでも、この“画像認識”の技術を用いることで、プロトコルに関係なくユーザー体感品質を把握できます。

「いつ」「どこで」「何の操作をしているときに」

操作ごとにレスポンスタイムが計測されており、各操作に名前を付けることで、操作ごとの遅延の発生状況が一目で分かります。

利用者にヒアリングすることなく、体感品質を明らかにすることができます。

月額費用のみ
月額費用のみで利用できる

高額な初期費用、固定資産の計上、減価償却が不要。サービスとして利用できます。

3カ月
3か月から利用できる

短期間のご利用も可能です。契約期間は3ヶ月、1年から選択できます。

ユニーク
ユニークなクラウドサービス

システム利用者のユーザー体感品質を測定するユニークなクラウドサービスです

3つのステップ
トライアル版をダウンロードする
活用メリット
CloudTriageの利用シーンと
活用メリットの一例をご紹介します。
テクノロジー
プラットフォームやアプリケーションごとに
代表的な監視項目や特徴をご紹介します。

近日公開予定

オンライン・デモの予約
CloudTriageの実際の画面で
ユーザー体感品質を確認する様子を
ご覧ください。
お気軽にお申込みください。
価格
高額な機器やソフトウェアを
購入することなく、月額費用のみで
利用できます。
  • 高額な初期費用が不要
  • 月額費用のみ
  • 3か月または1年契約
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。

03-3237-3291
平日 9:00-17:30