活用メリット

活用メリット

クラウドへの移行

ユーザー体感品質と自動ボトルネック分析で
クラウド移行中や移行後のパフォーマンス問題を解決

CloudTriageの活用方法

CloudTriageはクラウドへの移行前、移行中、移行後、すべてのステップでマイグレーション成功のカギとなる
最適なリソース割り当てとパフォーマンスボトルネック改善のための情報をご提供します。

移行前
  • 現状のリソース使用状況、アプリケーションパフォーマンス、ユーザー体感品質をベンチマーク
  • クラウド移行後にパフォーマンス、リソース消費を比較できる情報を収集
移行中
  • 移行中にパフォーマンス問題があれば、根本原因を提示
  • クラウド間、クラウド・オンプレミス間のアプリケーションパフォーマンスを可視化
  • オンプレミスとクラウド全体を可視化
移行後
  • ユーザー体感品質、アプリケーションパフォーマンスを測定し、マイグレーションの成功をパフォーマンス結果から証明
  • ユーザー体感品質とアプリケーションパフォーマンスをベースにパフォーマンス改善を繰り返すための情報を提供

クラウドマイグレーションの成否を分けるポイント

「パフォーマンスボトルネック特定」と「ユーザー体感品質」がポイント

パブリッククラウドやプライベートクラウドは、仮想基盤のリソース利用状況を正確に把握できないため、システム視点の監視だけでは、システムの健康状態を正確に把握できません。クラウド上の仮想基盤で問題が発生した場合に、気づくことができない場合があるのです。

では、何をもとにシステムの健康状態を把握するべきか?

CPUやメモリの使用率・IOPSなどのシステム視点の監視と組み合わせて、ユーザー体感品質やアプリケーションパフォーマンスでサービス品質を確認する仕組みを利用することが効果的です。

「クラウドのパフォーマンス劣化に気づくには」

クラウドの外側からパフォーマンスを測定していれば、クラウド上の仮想基盤で発生した問題に気づくことができます。クラウド上の仮想化基盤のリソースを把握できない部分をリモート監視で補うことで、異常を検知するのです。

また、ユーザー体感品質を移行前、移行中、移行後で利用することで、パフォーマンス改善・効果測定を繰り返しながらクラウドへ移行できます。さらに、移行前後のユーザー体感品質を比較することで、クラウドマイグレーションの成功をパフォーマンス視点で証明できます。

「クラウド・オンプレに関係なくボトルネック特定」

システム障害やパフォーマンスボトルネックの特定を自動化することで、クラウド移行中も移行後も問題に的確に対応できます。

オンプレミスや複数のクラウドを組み合わせて一つのサービスを提供する場合、クラウド・オンプレの区別なくボトルネックを特定できる必要があります。

「クラウドにしたら遅くなった」という声に対応できる仕組みを用意しておくことが重要です。

クラウドへの移行は、ユーザー体感品質測定、リモート監視、ボトルネック分析の仕組みを組み合わせ、システムの異常を検知し、的確に対処することが成否を分ける重要なポイントです。

*左図は、設置場所に関係なく、サービス全体を一つのビューで俯瞰したトポロジーマップです。IIS WebとJava ApplicationはAWS、その他はオンプレに設置されています。

 

CloudTriageを活用する4つのメリット

CloudTriageをクラウドマイグレーションに活用する4つのメリット

メリット1
Before After

システム・パフォーマンスをクラウド移行の前後で比較できる

メリット2
Effect measurement

クラウドマイグレーションの成功をパフォーマンス測定結果で証明できる

メリット3
Root Cause Analysis

移行中に発生するパフォーマンス問題の原因を瞬時に知ることができる

メリット4
Feedback Loop

移行後のパフォーマンス改善のフィードバックループを強化・短縮できる

『ITパフォーマンスをもっと“サクサク”に』
アプリケーションパフォーマンスの改善を支援する2つのクラウドサービス

ユーザー視点の体感品質を知り、パフォーマンス・ボトルネックを自動特定することで
アプリケーションパフォーマンスの改善を支援するクラウドサービス

QoEサービス
『あなたのシステムの"サクサク感"をチェック』
システム視点ではなく、ユーザー視点で体感品質を測定
どんなアプリケーションでも体感品質を確認でき、システム利用者が体感している品質をフィードバックするためのクラウドサービス
RCAサービス
『あなたのシステムをもっと"サクサク"に』
パフォーマンスのボトルネックを特定し、改善ポイントを提示
アプリケーションだけでなく、仮想基盤・データベース・ネットワークなどのインフラも含めたボトルネックを特定し、End to Endのパフォーマンス改善を実現するためのクラウドサービス

運用・開発・リーダーにとってのメリット

運用

運用

  • クラウド移行中のパフォーマンス問題やシステム障害の原因が自動的に特定されるため、スムーズなマイグレーションが可能に
  • ユーザー体感品質をベースにシステムの異常を検知できる
  • 遅延や障害の予兆を知ることでプロアクティブなサポートが可能に
  • クラウド・オンプレミス全体を一つのサービスとして可視化できるため、監視漏れがなくなる
開発

開発

  • コードレベルで修正ポイントが提示されるため、すぐに修正作業を開始できる
  • 利用者のフィードバックである“体感品質”を数値データとして得られるため、品質を開発に取り入れやすい
リーダー

リーダー

  • クラウド・マイグレーションを成功させるカギとなるパフォーマンス問題を効率的に対処できるため、プロジェクトがスムーズに
  • 継続的なパフォーマンス改善を繰り返すことで、クレームが減少し、システム利用率が向上
  • パフォーマンス問題や障害対応などを効率化することで、ビジネスサイドの要望に応える仕事にリソースが割り当てられる
活用メリット
CloudTriageの利用シーンと
活用メリットの一例をご紹介します。
テクノロジー
プラットフォームやアプリケーションごとに
代表的な監視項目や特徴をご紹介します。

近日公開予定

7項目でチェック!ハイブリッドクラウド時代のシステム監視

ハイブリッドクラウド化で気になるレスポンス遅延とシステム障害の原因特定。
効率的なハイブリッドクラウド環境の運用管理を実現するための7つのチェック項目をご紹介します。

ebookダウンロード
オンライン・デモの予約
CloudTriageの実際の画面を見て
パフォーマンスボトルネックを特定していく
様子をご覧ください。
お気軽にお申込みください。
価格
高額な機器やソフトウェアを
購入することなく、月額費用のみで
利用できます。
  • 高額な初期費用が不要
  • 月額費用のみ
  • 3か月または1年契約
お問い合わせ
お気軽お問い合わせください。

03-3237-3291
平日 9:00-17:30