オンラインセミナー

Oracleが遅いと感じることはありませんか? データベースサーバは、まさにITシステムの心臓部と言えます。このブログでは、その重要なOracleデータベースを適切に監視するポイントをいくつかの監視項目でご案内いたします。

Oracleデータベースサーバ監視の重要性

国内リレーショナル・データベース市場において、2014年トップシェアを獲得したOracleデータベースサーバ。盛者必衰のIT業界において、1993年以来22年連続で国内首位を守り続けていることは並大抵のことではなく、それだけOracleデータベースサーバの性能や信頼性が高いという証なのでしょう。しかし、Oracleデータベースサーバが活躍するのは、ミッションクリティカルシステムなどのビジネスの根幹にかかわるケースが多いです。そのため、いかにOracleデータベースサーバの信頼性が高くとも、パフォーマンス低下を事前に察知することや、パフォーマンス低下から素早く復帰するための原因分析の仕掛けを準備することは必須と言えます。
データベースサーバの監視については専門性の高い知識が求められるために、なかなか手が付けられていないというシステム担当者も多いのではないでしょうか。本稿では、Oracleデータベースサーバの監視項目を網羅的にまとめてみました。

きちんと監視できている?Oracleデータベースサーバの監視項目

監視項目を表にまとめました。本来的にはOracleデータベースサーバのみではなく、データベースが稼働する物理サーバやネットワークなども監視対象とすべきですが、表では割愛しています。あなたが管理するOracleデータベースでは、すべてをきちんと監視できていますか?

データベースサービス監視
  • データベースサーバはリクエストに対して正常に応答可能な状態ですか?
  • リクエストに対するレスポンスタイムを把握していますか?
セッション監視
  • アクティブユーザがだれか把握していますか?
クエリ監視
  • 最もリソースを使っているトップ10クエリを把握していますか?
トランザクション監視
  • コミット・ロールバックするときのアプリケーションの挙動を把握していますか?
アラートログ監視
  • ここ最近、Oracleのアラートログに記録されたエラーやイベントを把握していますか?
ロールバックセグメント監視
  • ロールバックセグメントによる、負荷の高い競合処理は発生していますか?
ロック・ラッチ監視
  • ロック競合は発生していますか?
  • 特定のアプリケーションが長い間ロック状態になっていませんか?それは、どのアプリケーションか把握していますか?
キャッシュ監視
  • ライブラリ・キャッシュ、ディクショナリ・キャッシュ、データベース・バッファ・キャッシュは十分に確保されていますか?
フルテーブルスキャン監視
  • フルテーブルスキャンが行われていますか?行われている場合、どれくらいの頻度か把握していますか?
テーブルスペース監視
  • テーブルスペースがストレージ上限に達しているものはありますか?
  • 適切にテーブルスペース上で負荷分散されていますか?
ホットファイル監視
  • ディスクI/O(読込み/書込み)はデータファイル上で適切に負荷分散されていますか?
  • すべてのリクエストにかかわるようなデータファイルはありますか?
REDOログ監視
  • REDOログ・バッファは十分に確保されていますか?
  • REDOログの空き領域を待機しているリクエストはありませんか?
オブジェクト監視
  • DB上に無効なオブジェクトがないかどうか把握していますか?
  • どのオブジェクトがいつ変更されたか把握していますか?
  • エクステント数が上限に達していませんか?また、達したものがあれば、どのオブジェクトですか?

いかがでしょうか。上記の内容を監視できていたでしょうか。監視項目の多さに驚かれている方も少なからずいらっしゃると思います。

上記以外のポイントとしては、統計データの保存期間があげられます。Oracleデータベース監視で多くの方が利用されているOracle Enterprise Managerですが、処理性能に影響を与えないように統計データの保存期間が短いという問題があります。(※Oracle Enterprise Manager 12cで長期保存が可能となりました。)過去の障害の調査やレスポンスタイムなどのトレンドを把握するためにも長期的に統計データを確認できるようにしておくことも重要なポイントになります。

このようにOracleデータベースサーバの監視項目は多岐にわたるため、管理が複雑になりがちです。Oracleのパフォーマンス問題をかかえ、監視項目を再検討される際に参考にして頂ければと思います。

最新記事