オンラインセミナー

「クラウド」という言葉が世の中に浸透してから久しいですが、クラウドの進化はとどまるところを知りません。クラウドサービスはまさに日進月歩の勢いで発展していき、サービスの提供形態も多様になっています。最近話題となっているのは「ハイブリッドクラウド」という単語。ハイブリッドというからには、何かと何かの掛け合わせなのだろうなぁ、ということくらいは想像がつきますが、一体どんな形態でどんな特徴を持ったものなのでしょうか。ここではハイブリッドクラウドを初めて目にした、見聞きはしていたけどよくわかっていない、という方向けに、こっそりとその正体をお伝えします。

まずは復習:プライベートクラウドとパブリッククラウドの違い

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドとパブリッククラウド抜きには語ることができません。まずはこのふたつのクラウドの違いをきちんと復習しておきましょう。

プライベートクラウド

自社で用意したサーバまたはクラウドプロバイダが提供するサーバを用いて構築されたクラウドサービスのこと。自社でコントロールできる範囲が広いので、セキュリティやデータのコントロールがしやすくなります。その反面、パブリッククラウドと比較すると規模が小さいため、コストが高くなりがちです。またサーバスペックを増強させようと思うと、追加投資が若干大きくなることがあります。

パブリッククラウド

データーセンター事業者など、外部ベンダーが運用するサーバを用いて構築されたクラウドサービスのこと。自社内でサーバを保有する必要がないためコストが比較的低く、またサーバのスペック増強も料金プランを選択するだけで楽に行えます。しかしデータを外部の会社が保有するサーバに保管するため、機密性に不安が残ります。

このようにプライベートクラウドとパブリッククラウドは、一長一短の特徴を持っています。

ハイブリッドクラウドは、両方のクラウドのいいとこ取り

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウドとパブリッククラウドをその名の通り「ハイブリッド」したクラウドです。ある部分はパブリッククラウドを利用し、その他の部分はハイブリッドクラウドのインフラを利用してサービスを稼働させます。これにより、それぞれのクラウドが持つメリットを最大限活かし、デメリットを最小化することができるのです。

ポイントとなるのは、運営するサービスの特徴と、それぞれのクラウドの強みと弱みをしっかり見極め、どこをプライベートクラウドで運用し、どこをパブリッククラウドで運用するかを決定することです。

すべてをプライベートクラウドで運用しようとするとコストが非常に高くつきます。機密性の高いデータを扱う部分はプライベートクラウドに、データを保持しない部分は積極的にパブリッククラウドを利用することで、コストを抑えることができます。また季節性の高いアプリケーションの場合は、ピークの負荷に合わせてプライベートクラウドを構築してしまうと、負荷が低い通常時はせっかくのリソースが無駄になってしまいます。通常時の運用はプライベートクラウドで行い、負荷が高くなったときに追加リソースとしてパブリッククラウドを利用すれば、投資を最小限にしながら安定的な運用を行うことができます。

ハイブリッドクラウド移行の成否を分けるポイント

AWSをはじめとしたクラウド環境のマイグレーションでは、 移行前、移行中、移行後のすべてのステップで発生するパフォーマンスボトルネックの解消が成否を分けます。

仮にあなたがハイブリッドクラウドへの移行を検討しているなら、アプリケーションパフォーマンス監視を始めるために最も適したタイミングと言えます。

CloudTriageを用いてクラウドマイグレーションを成功に導くための4つのメリットをご紹介。

ハイブリッドクラウドへの移行をお考えなら、こちらも是非ご覧ください。

おさらい

ハイブリッドクラウドとは、プライベートクラウドとパブリッククラウドのいいとこ取りをしたクラウドサービスです。運用のポイントは、それぞれのクラウドの強みと弱み、自社の運営するシステムの特徴を把握し、ベストな「ハイブリッド」配分を見極めることです。ハイブリッドクラウドにより、今までよりもコストを抑え、効果的なシステム運用が可能になることでしょう。

関連資料・おすすめのコンテンツ・人気の動画 など

banner_ebook01new.jpg

急にクラウド化を検討することになった運用者の方へ

今回ご紹介したハイブリッドクラウドのように、クラウドとオンプレミスが一体となって提供されるサービスで、サービスの健康状態を知るには?問題があれば効率的に解決できる仕組みづくりに必要なものは何か?という疑問に対し、7つのチェックポイントを挙げて解説しています。

「経営者の一言で、急にクラウド化を検討することになった」
「システムの大幅な見直しがあり、クラウド化も検討することになった」

クラウドやハイブリッドクラウドの運用について検討される方や、今後のために調べている、という方、ぜひ手にとってご覧ください。

最新記事